Please reload

New Letter

マネー・ショートという映画

2017/02/20

 

 

先日マネー・ショートという映画を見ました。(実は3回目…笑)

 

 

 

この映画はリーマンショックを描いた映画でリーマンショックで逆に稼いだ人たちを描いた映画です。

すごくリアルでめちゃくちゃ興奮してしまいます!!すげーーーー!!って笑

 

 

 

 

正直に言うと私は恥ずかしながらこの映画でリーマンショックというものがどういうものかというのを理解することができました。ニュースなどでは聞いていましたが実際にはどういうものなのかをあやふやにしか理解していませんでした。

 

しかしこの映画でリーマンショックというものがどういうものなのかということが簡単に理解することができました。

 

 

 

 

この映画は今まで私が見てきた映画の中でもトップ3に入る映画で、本当に皆さんにも見てもらいたいです!!

 

 

 

 

そしてこの映画の冒頭でもで紹介されている言葉が私はすごく好きになったので紹介します。

それは

「やっかいなのは何も知らないことではない。実際には知らないのに知っていると思い込んでいることだ。」マーク・トウェイン

 

 

まさにリーマンショックで儲けた人と損した人の差はここにあるのかもしれません。

 

 

モーゲージ債のウソを見破ったもの(事実を知った人)

方や住宅市場は安定していてモーゲージ債は最高に安全だと言っている人(実際には知らないのに知っていると思い込んでいる人)

 

この差が稼いだ人、損した人の差なんだと理解できます。

 

 

知っていると思い込むことの恐ろしさを教えてくれる映画だったなと自分の生活でも心にとめる必要があるなと思いました。

 

 

 

見ていない人はぜひ見てください!!

こんなにおすすめの映画は私はほかにはありません!!!!

 

 

 

 

 

P.S.

わたしは映画はDVDが出てから見る派です。笑

なぜなら自宅で見るほうがのびのび見れるし周りを気にしなくていいじゃないですか!笑

おならをしたくてもできないし...笑

時間短縮にもなるんです!!

チケットを買って始まるまでの間どこかで時間をつぶさないといけないし、

座ってからもしばらく広告が続きます。まあ映画が好きな人は「その広告が映画のだいご味だ」って言われますけど私からすればただの無駄な時間です。

お金もDVDだと5分の1以下でみれますから笑

 

 

 

迫力が違うという意見があると思いますがプロジェクターを買ったら解決です!!

わたしもプロジェクターを使って音源はオーディオにつないでいます!

そうすることで映画館に負けないぐらいの迫力を得ることができますよ!

 

デメリットは少し時間差で見ることになるぐらい?

 

それぐらいなら待ちますね!

 

 

みなさんは映画館派?自宅派?どっちですか?

良かったらコメントで教えてください!

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

よかったらクリックをお願いいたします。

↓↓↓↓↓

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Please reload

Archive
My Way
Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon